kiss twice

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾で萌えましょう

<<   作成日時 : 2005/02/23 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
2月19日、台北は雨。気温は9度。例年からは考えられない天候らしく、その寒いこと。(笑)知り合いの絵描きさんを案内して、台湾でのコミックイベントであるFancyFrontier5に参加したのだけど、南国と思って気楽に空港に降り立ったもんだから、空を覆う雨雲にびっくりした。FancyFrontierというのは、台湾のアニメーション専門誌「Frontier」が主催する同人誌即売会で、台北市にある台湾大学の体育館を借りて行われ、規模はそんなに大きくないんだけど、スタッフも参加者も熱気に溢れていて、不思議な魅力を持ったイベント。http://www.f-2.com.tw/僕は、去年の10月に、ふとしたきっかけで台湾旅行に誘われ、このイベントを知り、台湾の同人関係者や、スタッフの人たちと仲良くなった。みんな、世話好きで、心の暖かい、素敵な人たちばかり。いっぺんで台湾が気に入り、再訪の機会を心待ちにしていたのだ。まあ、食いしんぼなので、美味しい中華料理に弱いってのもあるかな。(笑)とにかく、士林夜市の屋台を巡って、怪しい果物を食ったり、縁結びで有名だという古い寺院にお参りをして、線香をあげたりしながら、どことなく昔の日本を思わせる懐かしい空気に満ちた台湾の魅力を肌で感じたのは、とても楽しい体験だった。今回の訪問は、仕事がらみということもあって、残念ながらあまりゆっくりとは遊べなかったけれど、イベントにブースを出展した、とらのあなの方々や、ゲストとして参加された、ももいはるこ嬢http://www.momoi.com/と会食したりして、楽しい話が出来たのはなにより。さらに、会場内で20日に行われたももい嬢のミニライブでは、日本から遠征してきたと思われる応援団も大勢駆けつけ、台湾のファンといっしょに「萌えー!」と歓声をあげながら、言葉の壁を越えた謎の国際交流を実践していた。(笑)なにかよくわからないものが、着実にこの国に根付きつつあります。飛行機でたかだか3時間、日本国内とたいして変わらない距離感は、文化や意識の上でもどんどん縮まっていく。歴史は忘れ去られ、紙の上の記号に収まって、風化するのを待つばかりだし、洪水のように情報が溢れる現代は、過去に囚われる余裕すら、僕らに与えてくれない。となれば、今を楽しみ、新しい出会いに心を躍らせるのが、正しい生き方というものでしょう。この旅行でお世話になった方々、改めてお礼を言わせてください。ありがとう。お土産持ってまた行きます。台湾、大好き。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
士林夜市 @士林・台北
台湾名物の夜市、もういっちょいっときます。 ...続きを見る
eatin' bangkok blog
2005/12/06 19:40
台湾で萌えましょう kiss twice/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる