ゲームシナリオの作り方

画像ちょっとした縁があって、静岡産業技術専門学校というところで5月23日から6回に渡って、ゲームシナリオの書き方を教えることになった。ゲームといっても、シナリオはシナリオで、その本質に変わりがあるわけではないが、映画や舞台や、他の諸々とは少し毛色の違う制約があり、実際のところ、普通にシナリオが書ける人でも、ゲームとなると勝手が違うことが多い。ゲームの企画や設計が理解できていないと、往々にして矛盾や不具合を生じるので、用心しなければいけないところだ。

現場での経験や知識の集積があるから、シナリオを書く分には不自由しないが、教える方のプロではないので、少々悩みつつ、とりあえず、ざっくりとこんな風に進めようかと思っている。
1)ゲームシナリオの特徴と概論
2)シナリオにおける表現のケーススタディと「会話」
3)制作実習(設定)
4)制作実習(キャラクター)
5)制作実習(ストーリー)
<自分であらすじをまとめてくる宿題>
6)あらすじの発表と合評

工夫しているのは、制作実習の部分。単に、各々に文章を書かせたりするのではなく、教室に居る生徒にどんどん質問を投げかけ、その場で思いつく意見の中から、リアルタイムで一気に世界設定からキャラクター、ストーリーまでを構築してしまう。時間は限られているが、迷いさえしなければそれは大きな問題ではない。

重要なのは、瞬発力。実際のゲーム制作においても、会議の席でどんどんアイデアを出し、それを取捨選択していく作業は欠かせない。目の前で、イメージが組みあがっていく面白さ。スピード感。いわゆる創作のダイナミズムを、みんなに味わってもらえば、それが如何に魅力ある作業であるか、分かってもらえるのではないかと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0