お疲れさまでした

画像コミケット76への参加も無事に終了。暑い中を並んで、わざわざブースに来てくれた人たち、みんな有難うでした。僕も、朝の9時に椅子に座ったっきり、夕方4時の終了時刻まで、ほとんど飲まず食わずで頑張ったよ。コミケ参加も回を重ねると、嬉しいことに、足を運んでくれるファンの人も増えて、次から次へ、ひたすらに話していた感じで、1週間経つ今でも、まだ少しぼんやり(笑)しています。でも、僕のブースがある場所はシャッター口の近くで風も通ったし、涼しくて良かったみたい。遠く東館の向こう端に、東方系サークルの集団が見えるんだけど、あっちは凄まじい人の波で阿鼻叫喚だったらしいです。

で、持って行った「海神記」は目出度く売り切れて、本当にもう手元にありません。Tシャツも、わりと早いタイミングで売れちゃいまして、買えなかった人は済みませんです。

さて、今回新たに頒布した楽曲である「AT」について少々書こうと思います。これ最初はぜんぜん別のゲームのために作った、1960年代のバンドサウンドをイメージした曲だったんだけど、案の定その企画は消えまして、自分ではけっこう気に入っていたので、今回の夏コミのために歌モノに改造しようと、アレンジを考えたり歌詞を付けてもらったり、あれこれ頑張ってみた次第。ドラムは、大昔のグレッチのセットの音だし、メロトロンのフルートに、ファルフィッサのコンボオルガン。加えて流行の人工歌姫を使いながら、どんな風に僕らしい味を出すか、きっと苦労はあるだろうけど、そういう楽しみも期待していた。で、この曲。もとは古い真空管アンプ的なディストーションサウンドだったんだけど、歌を入れて組みあがってみると、人工歌姫の雰囲気とどうしても合わない。合わないというか、両方とも歪みがちな不明瞭なサウンドなため、お互いに埋もれすぎて、輪郭がぼやけちゃう。コンプレッサーで輪郭を立ち上げても、どうしてもモヤモヤした感触が拭えない。実際何度も何度もやりなおしてMIXしたんだけど、どうしても気に入らない。そこで、根本のコンセプトから変更して、楽器音を全て、アコースティックな肌合いのシャキシャキした音質にまとめ、その中に埋もれる形で人工歌姫を配置したら、なんとなく気持ちが良いバランスが見つかった。あれこれごちゃごちゃ弄るのは止めて、歌を含めた全ての音が、真っ直ぐ鳴るように。真っ直ぐ、聞く人の耳に届くように。目の覚めるような響きを生むように。作業を始めた時はもっと簡単に完成できると思ってたんだけど、目論見が外れて凄い手間がかかっちゃった。その代わり、夏らしい爽やかさのある楽曲に仕上がったと思います。自分で一番気に入っているのは、最初に一発鳴るスネアの音。これさえ聞いてもらったら、この気持ち良い音を聞いてもらったら、もう大満足って感じ。で、なにぶん歌の内容が聞き取りにくかったと思うんだけど、歌詞はWEBに挙げていいかどうかまだ分からないので、それはいずれまたということで、ゴメンナサイ。