★LOST FILES発売中 感想はこちらへ★

長らくお待たせしましたが、「LOST FILES」の発送を開始しました。仕事の合間に作業を進めているので、なにもかも一度に、というわけにはいきませんが、手続きを済ませていただいた方に、順にお送りしていきますので、気長にお待ちくだされば幸いです。注文メールを出して7日以上経っても弊社より返事が来ないという方は、メール不通ということが考えら…

続きを読むread more

LOST FILES通販開始

「LOST FILES」完成しました。いわゆる完パケというやつ。他の仕事の合間にとはいえ、去年のうちから作業していたわけだから、随分長いことかかったというのが実感。自分としてはあれこれ不満もあるが、忙しい中、頑張ったという愛着もある。トップページを見ていただけばお分かりと思うが、通販の方法も定め、申し込み募集を開始したので、お求めになり…

続きを読むread more

サラ・パクストン

サラ・エミリー・パクストン(Sara Emily Paxton)。1988年4月25日カリフォルニアはウッドランドヒルズ生まれの現在高校生。8歳のころから映画出演のキャリアを持ち、その後は主にTVドラマに舞台を移し、「Malcolm in the Middle」「CSI: Miami」「Summerland」「Haunted Lig…

続きを読むread more

LOST FILES AGAIN

さてさて、散々苦労したが、旧作を集めたCD「LOST FILES」が、ようやく形になってひと安心。まだこれから、プレス等々の作業が残っているので、とりあえずは経過報告まで。曲順と内容は以下のとおりで、あれこれ創造していただければ幸いかと思う。お楽しみのライナーノーツも、かなりの長さになったので、乞うご期待。それにしても、録音時期も機材も…

続きを読むread more

経過報告

DATのデータはおおむね整理がついたものの、始めてみればその先があった。ダンボール箱の山を漁り、フロッピーだのハードディスクだのに仕舞われている過去のデータを探っていくと、実にいろんなものが掘り出されてきて感慨深い。まさに「LOST FILES」という感じ。先日も書いたが、15年前、僕が27歳ぐらいの時にSY77というシンセサイザーを使…

続きを読むread more

LOST FILES

果たして期待されているものなのかどうなのか分からないが、遅れに遅れつつ、オリジナルCDの制作を進めている。タイトルや期日はまだ公に出来る段階ではないが、桃の木の精の悲恋に題を取った、古風で少し哀しい物語を軸に、音楽と歌と語りをひとつの流れにした、ドラマチックな構成になる予定。 久しぶりに自分で自由にコンセプトを取る楽曲ということもあり…

続きを読むread more

MOOG

仕事の忙しさに負けて、随分間が空いたと気にしていたこのブログだが、ロバート・A・モーグ博士の訃報に接して、何か書いておかねば気が済まなくなり、筆を執ることにした。 モーグ博士の経歴や偉業に関しては、説明して簡単に理解が得られるようなものではない。電気工学と音楽の間を橋渡しし、奇跡の楽器「シンセサイザー」を産み出した人と言えばいいのか…

続きを読むread more

Science Fiction Museum

シアトルはダウンタウン、万博の名残を今に留めるスペースニードルのすぐ傍に、Experience Music Projectがある。マイクロソフト創設者のポール・アレンが出資し、ビルバオ・グッゲンハイム美術館で有名な、フランク・オーウェン・ゲーリーのデザインによる、不思議な建築物。古今の音楽の歴史を紐解き、再発見するための重要な施設だが…

続きを読むread more

シークレット・オブ・マナ

ずいぶん昔の話になるが、「Secret of Mana」というCDについて、少し書きたい。1993年にリリースしたこのCDは、ゲーム「聖剣伝説2」が発売された直後、秋もまだ深まらない残暑の頃に、制作を始めた覚えがある。アレンジバージョンと言いながら、実際には、聖剣伝説2のメロディの断片と、後に聖剣伝説3となるはずのメロディの断片を紡ぎ…

続きを読むread more

マーティン・デニー

マーティン・デニーが亡くなったという。享年94才。1950年代に活躍したミュージシャンであることを考えると、まだ存命だったことさえ驚きだ。1911年4月10日、アメリカ生まれ。若い頃からクラシカル・ピアノを学び、1954年にハワイに移住するまで実にさまざまなバンドのツアーに積極的に参加したと、巷の情報にある。だが、最も有名な功績は、ハワ…

続きを読むread more

台湾で萌えましょう

2月19日、台北は雨。気温は9度。例年からは考えられない天候らしく、その寒いこと。(笑)知り合いの絵描きさんを案内して、台湾でのコミックイベントであるFancyFrontier5に参加したのだけど、南国と思って気楽に空港に降り立ったもんだから、空を覆う雨雲にびっくりした。FancyFrontierというのは、台湾のアニメーション専門誌…

続きを読むread more

林邦洋

林邦洋というミュージシャンに、会ったことがある。あれはたしか2000年の夏、吉祥寺は井の頭公園で、秋の涼しさがかすかに忍び寄ってくる空気の中、ギターを抱えて、不思議なメロディーを歌う若者を見かけて、思わず足が止まったのだ。僕はそもそも、近辺の街角にたむろして、ストリートミュージシャンと自称しながら、歌うことへの希求も、主張すべき思想も、…

続きを読むread more

映画大好き

映画が大好きなのだけれど、時間的にも気持ち的にも、映画館に足を運ぶ余裕がない。あの暗くて静かで、孤独に浸れる空間に身を置いて、束の間、別世界の驚きや、映像の美やしさ、情愛の力強さに心を踊らせるのは、無上の喜びであるとしても。やはり1800円は高すぎる。(笑)やっぱりDVDを待とうかな、などと弱腰になってしまう人も、きっと多いだろうと思う…

続きを読むread more

道頓堀極楽商店街

大阪は心斎橋に、道頓堀極楽商店街という、ちょっと懐かしい雰囲気のテーマパークがあり、先日、足を運ぶ機会があったのです。東京は池袋にあるナンジャタウンの浪花版というと、知っている人には分かるでしょうか。ビルの中の何階かを利用して、明治から大正あたりの大阪、ごちゃごちゃした下町の街並をセットで再現し、その店々で大阪ならではの料理、駄菓子、…

続きを読むread more

MOSAIC.WAV

今やSyntax Errorという言葉は、時のかなたに懐かしい。秋葉原系という音楽ジャンルが生まれつつあり、昨今の仕事柄、耳にする機会が多いのだが、先日も、事務所の仲間に勧められてMOSAIC.WAVというユニットのCDを聴いた。「We Love AKIBA-POP」と名付けられたそれは、意外にも懐かしさと暖かさに満ち、不思議な感慨を僕…

続きを読むread more

功夫

周星馳は1962年6月22日上海生まれ。僕とは半年ほど違うが、同じ42才で、不思議と親近感がある。ひとりっ子、ブルース・リーの大ファン。テレビの子供番組から入って、後に映画に出演するようになった。96年の「食神」が有名だが、前年の「西遊記第壹佰零壹回月光寶盒」での演技が印象に深い。今回の映画「功夫」(Kung fu hustle)は、…

続きを読むread more

イノセンス

押井守の労作「イノセンス」について少し書こうと思う。この映画の欠点は三つ。「CG」「体言止め」「武藤寿美」。後ろのふたつはさておき、声を大にして言いたいことは、日本において制作されるCGは未だ、表現のための道具として有効に働くだけのレベルに達していないということだ。技術とセンスの両面において、明らかな未熟さがあり、通常のアニメーション技…

続きを読むread more

謹賀新年!

謹賀新年!シンプルながらサイトも改装し、ブログ最初の記事が、去年末のコミケットの話題とは、些か後ろ向きな感じもするが、いいのである。コミケットに足を運ぶようになって、もう20年以上になるが、この空間に渦巻くエネルギーは、依然として僕の心に、創作への渇望を呼び起こす。幕張からは近くなったものの、有明はやはり遠いし、暑かったり寒かったりな…

続きを読むread more